インフルエンサーズ

YOU ARE THE MEDIA

よく聞くけどSNS「ソーシャルネットワーキングサービス」って何?

420 views

ソーシャル(社会的な)ネットワーキングサービス


SNSは省略せずに言うと、ソーシャルネットワーキングサービス(Social Networking Service)のことです。それぞれの単語の頭文字をとってSNSと省略されています。ソーシャルは「社会的な、社会に関する」で、ネットワーキングとは、ネットワークを形成する、という意味の英単語です。

複数の何かを相互に繋いで、情報などが流通する網目状の経路を形成することを意味します。そのサービスの総称です。日本ではどのようなサービスが思いつきますか?

代表的なものは以下に挙げられるサービスでしょうか?

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • LINE
  • Snapchat

国によって人気度が違って特徴があるSNS

他にもまだまだありますが、その国によって流行り廃りや、人気度が違います。そしてこの中で唯一、実名での利用が条件になっているのはFacebookです。それだけ信頼度が高く、いい加減な情報の発信ができないため、近年は堅苦しいイメージになって日本では若者が利用しなくなっているのがFacebookです。

インフルエンサーになるためにも、「どれを使いこなせば良いのだろうか?」と疑問に思うのは良いことです。それぞれに特徴があり、また使っている人の年齢層も違います。ビジネス活用できるものから、あくまで遊びとして情報を発信するものまでその特徴は様々です。

目的なく使うと楽しみがなくなるSNS

これらのSNSはスマートフォンの普及と同時にユーザーが爆発的に増えました。スマートフォンを持っていて、アプリをインストールせず、登録していない人のほうが今は珍しいのではないでしょうか?

一時的に流行り出したとは言え、もう飽きてしまった人もたくさんいるでしょう。最初は面白くて、私生活での出来事などを発信していましたが、ほとんどの人が面倒になり、やめてしまっているのが現実です。

誰かに見てもらいたい目的で、SNSを活用して情報発信をしている人もいれば、なんとなく人の投稿を見るだけといったのが現状です。情報を発信する人よりも、見ているだけの人の割合が増えているのではないでしょうか?

Facebookなどは特にその傾向が強いと言えます。夜寝る前に友達の投稿を確認して終わり。誕生日のメッセージを送って終わり。まるで人のプライベートを覗き見しているようですね。

人のことが気になっている心理をうまく活用

現実で会って話をするよりも、SNSに意外と本音を吐露している人もいます。日本人の性格上、面と向かって言いにくいことでも、インターネットの中だと本音を言うことができる、友達と話すことができる。そういった心理が働いています。

その心理をうまく活用しているのが、SNS広告です。「気になっている人のアカウントはフォローして、情報発信するのを待っている」と言う人も意外と多くいるはずです。

彼氏や彼女が何をしているか気になる、SNSに投稿されていて誰といたかが筒抜けになって浮気が発覚した。反対に浮気のアリバイを作るためにSNSに投稿して偽装した。そんな経験をしたことがある若者は多くいるでしょう。

それだけ情報が漏れやすい空間であり、SNSでの行動は人の目に触れやすいと言い換えることができます。(参考:友達は見ています | あなたのSNSでの活動履歴

今こそ新しいSNSの活用を

とは言え、このような活用方法だけではSNSは面白くありません。Facebookなどは実名であることから、「学生時代の友達を名前で検索したら出てきて、同窓会を開くことになった」とか、「数十年会っていなかった人の近況がわかった」などなど。これが一般的であり、Facebookページなどを作っている企業も多く、自社サービスを公開しているのが主流となりつつあります。

ここで私たちはひとつ新しい提案をします。あなた個人のSNSを、「有益な情報発信の場として活用してみてはどうか」と。

テレビでは報じられない情報や、どこかのお店の割引情報でも構いません。SNSのなかの友達に「あいつなんだかおかしな情報を発信し始めたぞ、怪しい副業をはじめて洗脳されているんじゃないか?」と、最初は人の目を気にしてしまうかもしれません。

そのような時はこう思ってください。人に流されて、誰かの情報について行くのではなく、私自身が良いと思ったこと発信している、最先端のトレンドを発掘して、先駆者になっているのだと。

女性が支配するSNSがマスメディアを支配していく

他にも、ソーシャルメディアについて発見した驚くべき事実があります。それは、ソーシャルメディアの隆盛は、女性が主導しているということです。世界規模での統計結果があるのですが、ソーシャルメディアの利用率は、どの年齢カテゴリーにおいても女性が男性を圧倒しているのです。

インフルエンサーになるには、性別は関係ありません。むしろ話すことが好きな女性のほうが向いているかもしれません。女性で活躍しているパワーインフルエンサーは男性よりもこれから増えてくるくことでしょう。

About The Author

株式会社CredoCredo
株式会社クレドは、日本でのSNSマーケティングの最先端情報を発信し続ける企業です。インフルエンサーと広告主企業の皆様のおかげで事業が成り立っております。インフルエンサーの応募詳細や、クライアント様からのご相談やご質問は、いつでもお気軽にお電話などでお問い合わせくださいませ。

Leave A Reply

Comment On Facebook

インスタグラムのフォロワーが多い、それは大きなビジネスチャンスです。